「D2C Design Studio」

こんな課題を抱えるお客様へ

製品を生活者に対し直接販売する新たなビジネスモデル:D2C (Direct To Consumer)。「D2Cブランド開発」を成功させるためには、開発思想・プロセスなどを既存のものから転換させる必要があります。

  1. 課題

    多様化する
    生活者ニーズの変化を
    捉えきれない

  2. 課題

    0から1を生み出す
    新規事業開発の
    プロセスがわからない

  3. 課題

    D2Cに適切な
    LTV型ビジネスモデル
    (長期的な収益設計)が
    わからない

サービスデザインプロセスを取り入れることで、
生活者ニーズを捉えたD2Cブランド開発を支援するプログラム「D2C Design Studio」

POINT サービスデザイン視点で
事業開発

単なるモノ売りではなく、サービスとして捉えることで、体験価値を創出し、顧客と持続的な関係を構築する事業創造を実現します。

POINT プロトタイピングを行い、
事業開発段階から
生活者ニーズを捉える

ブランドの理想的な姿をビジュアルで掲示し、顧客から意見を収集し反映することで、生活者にとって価値あるブランド開発を実現します。

POINT アジャイルプロセスの
導入により、スピーディな
開発を実現

従来のウォーターフォール型開発とは異なり、構築・計測・学習を繰り返すアジャイルプロセスを取り入れることで、市場変化に対応した柔軟な事業開発を実現します。

「D2C Design Studio」のサービス概要

D2Cを構成するブランド・エクスペリエンス・コミュニティの3つの要素に着目し、テストマーケティング・システム開発・実装までをワンストップで支援いたします。

「D2C Design Studio」の特徴

「D2Cブランド開発」の特徴

「D2C Design Studio」のプロセス

「D2Cブランド開発」のプロセス

サービスのあるべき姿をビジュアルで表現するプロトタイピング手法

サービスのあるべき姿をビジュアルで表現するプロトタイピング手法
お問い合わせ  小さなことからでもお客様の課題をお聞かせください。 最適な解決方法をご提案します。

関連ソリューション

EC運営

EC運営

サイトの制作から注文受付、決済、在庫管理、物流手配まで、スムーズなECの運営をサポートします

倉庫・物流フルフィルメント

倉庫・物流フルフィルメント

ECや通販において、フロント業務から在庫・入金管理、商品発送にまでわたる一連の流れを請け負います

OMOストア体験

OMOストア体験

お客様の事業や目的に合わせて、店舗・ブランド体験施設の戦略構築、企画・デザインから店舗運営まで、リアル起点でOMO型体験を構築します