人的資本経営をコミュニケーション面から
支援するプログラム「HR-Branding for ESG」

こんな課題を抱えるお客様へ

2023年にESG投資において開示義務化へと移行する人的資本。情報を適切に開示し、社内外への積極的な発信が求められます。博報堂はグループ2社と連携し、人的資本経営をコミュニケーションの側面から包括的に支援する「HR-Branding for ESG」を開発。企業の人的資本経営をサポートします。

  1. 課題

    HR(Human Resource)
    求めるターゲットの共感を得られる採用コミュニケーションとは

  2. 課題

    ER(Employee Relations)
    従業員エンゲージメントを高める
    インターナル
    コミュニケーションとは

  3. 課題

    IR(Investor Relations)
    ESG×人的資本における
    投資家への情報開示とは

ESG投資で求められる人的資本経営の推進に向けて、
コミュニケーションの側面から包括的に支援します。

POINT AI分析でAs is/To be
ギャップを解消
採用コミュニケーション支援

No Company社が有するAIによるSNSデータ分析で、ターゲットの共感ポイントを把握。自社の強みやパーパスと融合したコミュニケーション戦略を策定。

POINT 従業員エンゲージメント向上
企業理念・パーパスの
社内浸透を支援

博報堂が多様な社内外コミュニケーション戦略を策定。企業理念やパーパスに基づいて、従業員一人一人の価値を創造する。

POINT ESGにおける人的資本開示を
フルサポート

統合報告書制作のプロフェッショナルであるエッジ‧インターナショナル社が人的資本領域での投資家とのコミュニケーション戦略を策定。

「HR-Branding for ESG」のサービス概要

博報堂、No Company、エッジ‧インターナショナルの3社がそれぞれの強みを連携し、企業の人的資本戦略の導入から戦略立案、施策実施までワンストップで対応。コミュニケーションの側面から人的資本の課題解決、戦略強化、情報開示までサポート。

サービス概要図

サービス概要図
お問い合わせ  小さなことからでもお客様の課題をお聞かせください。 最適な解決方法をご提案します。

関連ソリューション

WEBアクセシビリティ改善ソリューション

WEBアクセシビリティ改善ソリューション

ユニバーサルデザインのリーディングカンパニー「ミライロ」と「博報堂アイ‧スタジオ」、「博報堂」の3社でタッグを組み、誰一人置き去りにしないホームページ作りを支援します。

販促品・販売品のサステナブルライン

販促品・販売品のサステナブルライン

調達、生産、物流、販売のフェーズごとに環境負荷の少ない素材の開発・調達から、人権に配慮した生産プロセスの実現、環境負荷の少ない物流、リサイクル・アップサイクルの仕組みの構築、サステナブル・ラベルの普及活動等、企業課題に合わせた適切なソリューションを提供しています