• 受付中
  • オンライン

障がい者雇用の今の課題とこれからの課題
~放っておけないブランド棄損のリスク~

企業の経営者・ブランドをご担当の皆さまは「障がい者雇用義務」についてご存じでしょうか。

2024年4月から、改正された障害者雇用促進法が始まります。施行によって、雇用義務となる障がい者人数が引き上げられます。
また、雇用した障がい者に合理的配慮を行うことも義務化されます。

この改正にともない、多くの企業が対応に迫られています。しかし、十分に対応できていない企業も多く、対応できない場合、納付金の支払いや企業名公表などのリスクがあります。

さらに、ダイバーシティやサステナビリティが企業の根幹として叫ばれるなか、障がい者雇用は法律順守の面だけでなく、企業の評判にも影響する課題となる可能性があります。

本ウェビナーでは、障がい者雇用義務の法改正に向けた短期的な課題と中長期的な課題を整理します。また、課題だけでなくその解決を支援できるソリューションも合わせてご紹介します。

実際に障がい者の方を採用されている人事部門の方にも、お役立てできる内容になっています。
障がい者雇用を成功に導き、企業のブランド価値を高めたいとお考えの方は、ぜひご参加ください。

お申込みはこちら

目次

企業が抱える、問題・疑問とは

  • 法定雇用率の増加に対応するため、障がい者採用のやり方を増やしたい

  • 障がい者の離職率を下げるために、採用後のフォローやサポートを強化したい

  • 障がい者の能力や適性に応じた仕事の配置や、キャリアアップの機会を増やしたい

このウェビナーはこんな方におすすめです

  • サステナビリティを起点にした企業ブランド棄損リスクを管理されているご担当者

  • 企業のダイバーシティ、サステナビリティを推進しているご担当者、経営者の方

  • 障がい者雇用を管轄されている人事のご担当者、経営者の方

当該サービスのサービス資料・参考資料

ニュースリリース
博報堂と三井不動産、精神障がい者の雇用拡大とキャリアアップを支援する新会社「SUPERYARD」設立、事業開始

公式サイト
SUPERYARD株式会社

講演概要

 

開催日時

2024年3月7日(木)15:00 ~ 15:40 ※アーカイブ配信あり

締切 2024年3月4日(月)15:00
登壇者(敬称略)
SUPERYARD株式会社 代表取締役社長(三井不動産株式会社より出向)
大益 佑介
 
SUPERYARD株式会社 取締役副社長(株式会社博報堂より出向)
松尾 俊志
参加方法

事前登録制

参加費 無料

 

プログラム

  • 障がい者雇用における短期的な課題

  • 障がい者雇用における中期的な課題

  • 課題の整理と、課題解決につながるソリューションのご紹介

お申込みはこちら

登壇者のご紹介(敬称略)

oomasu@2x

大益 佑介

SUPERYARD株式会社 代表取締役社長(三井不動産株式会社より出向)

​2007年、三井不動産入社。
​オフィスビル事業や法人営業、総務を経験。
​2020年に社内ベンチャー制度へ参加し、現在に至る。

matsuo@2x

松尾 俊志

SUPERYARD株式会社 取締役副社長(株式会社博報堂より出向)

2010年、博報堂入社。​
ビジネスプロデューサーとして複数企業の​ブランディング・広報活動を支援。
​2023年、SUPERYARDを立ち上げ。

お申込みはこちら