【地方自治体】
国民的キャラクターの利用許諾事務局を運営

【地方自治体】国民的キャラクターの利用許諾事務局を運営

博報堂グループの日本トータルテレマーケティングでは、地方自治体から委託を受け、国民的キャラクターのイラストを利用する許諾業務を平成26年度(2014年)から運用しております。当社の事業委託ノウハウを活かし「許諾申請データベースによる作業工程の可視化」、「許諾申請ガイドラインの作成による作業品質・スピードの向上」のほか、「経済効果試算のための売上情報基礎調査」などの対応を行っています。

  • 課題

申請業務の業務効率化を目的に、民間企業への外部委託を実施

国民的キャラクターの利用許諾業務は元々、地方自治体自らが実施していたものの、申請数増加に伴い業務が逼迫。利用許諾業務の効率化などを目的に、民間企業への委託を実施しました。

  • 実施内容

許諾申請データベースによる作業工程の可視化

判断できないご相談案件があった場合、これまでの経験と実績から回答に対する判断材料や事務局からの回答案をご提示したうえで、判断に要する工数と時間の削減に効果を出しています。

許諾申請ガイドラインの作成

項目に沿ってチェックするだけで(一義的に)判断可能にすることを目標に定めガイドラインの整備・拡充を図ってまいりました。これにより、判断の属人化が減り、作業効率や審査の品質向上に役立っています。

経済効果試算のための売上情報基礎調査を実施

調査対象期間を特定し過去に許諾している食品および食品以外の販売物に分けてアンケート形式で情報を回収し関連グッズの売上高を調査・報告いたします。

  • 成果

利用許諾業務の効率化・スピードアップ

業務を効率化することで、適切に処理し、申請件数の増減に弾力的に対応し、審査の迅速化、許諾に要する期間の短縮化を図りました。

  • お客様の声

作業負担や個別確認事項等を軽減するなど、新しい取り組みに力を入れていただける環境を提供していただきました。民間に委託したことで、申請のスピードアップにつながりました。次なる課題として、申請の電子化やAIによるCSなども検討中です。

関連ソリューション

img_public_bpo_pc-tb-sp

公共BPO

自治体の商品券・給付金事業や広報業務において、業務設計、窓口委託といった事務局業務を担います

img_customer-support_pc-tb-sp

カスタマーサポート

お客様のご要望に合わせて、商品やサービスの問い合わせ窓口をはじめ、相談窓口の運用、予約受付、テクニカルサポートなど、さまざまなカスタマーサポート業務を実施

img_outbound-call_pc-tb-sp

アウトバウンドコール

メルマガ登録や展示会で得たリード情報、休眠顧客情報などをもとに、電話によるセールスで売上拡大を図ります